プロペトとサンホワイトの違い

わたしが重度の肌荒れに苦しみ、改善の為に行ったことは「過度なスキンケアからの脱却」でした。

当時は、この憎き肌荒れを克服すべく、色々なモノに手を出しては結果が出ずに落胆する日々の連続。

 

特に自分に合った保湿剤とは、なかなか出会えず苦労しました。

たくさんのモノを試し、最終的に保湿剤として選んだのは「ワセリン」。

ですが、ワセリンにも色々な種類があり、どれが良いのか頭を悩ませました。

 

ワセリンには純度などに差がありますが、なかでも品質が高いと言われているものがあります。

それが、プロペトサンホワイトです。

今回は、【プロペトとサンホワイトの違いとは!?5つの点から比較検討してみた結果】についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

ワセリンとは?

ワセリンとは?

 

ワセリンは主に肌の保湿目的で利用されています。

石油を精製して、肌に刺激を与える物質や、不純物などを除去して製造されたものが「ワセリン」です。

保湿といっても、肌を潤すような直接的な働きはもっておらず、

 

  • アレルゲンや外部刺激を防ぐ
  • 皮膚のバリア機能の保護など

 

これらのような、補助的な役割を担っています。

ワセリンにはいくつかの種類がありますが、主に「黄色ワセリン」や「白色ワセリン」などに分類されます。

 

不純物の含有率は、白色ワセリン<黄色ワセリンとなっており、白色ワセリンの方が純度が高くなっています。

この白色ワセリンを更に精製したものが、プロペトとサンホワイトです。

※プロペトは「医薬品」、サンホワイトは「化粧油」というカテゴリーに分類されます。

プロペトとサンホワイトの違いについて

プロペトとサンホワイトの違いについて

ここからは、「プロペト」と「サンホワイト」について、両者をポイント別に比較しながら、ご紹介したいと思います!

 

①用途

ワセリン類の主な用途は、「保湿」です。

その中でも、品質の高いプロペトとサンホワイトは、低刺激で全身に使用することができます

主な用途例としては、以下の通りです。

 

プロペトサンホワイト
①洗顔後の保湿
②ハンドクリーム
③リップクリーム
④フットケア
⑤化粧下地
⑥赤ちゃんのスキンケア

 

赤ちゃんから大人まで幅広く、色々な活用ができる両者は用途面ではほとんど違いはありません。

しかし、⑤化粧下地としての利用に関しては、プロペトに比べてサンホワイトの方がより適しています

②価格

高額な化粧品と比べると、「プロペト」と「サンホワイト」はどちらも手に取りやすい価格帯です。

ですが、両者を比較した場合は、少し金額面で差が出てきます。

※プロペトは、「日本薬局方収載医薬品」と「第3類医薬品」の製品があり、以下は第3類医薬品の価格を記載しています。

 

プロペト
(第3類医薬品)
サンホワイト
g単位の価格
(※2020年時/税別)
10円/g24円/g

 

価格面を見てみると、プロペトはサンホワイトの半分以下の金額です。

全身へ使用する場合や、利用頻度を考慮すると、コストパフォーマンス面ではプロペトに軍配があがります。

③ベタつき

①用途の中で、化粧下地として利用する場合は、

 

  • プロペト「✖」
  • サンホワイト「△※」

 

上記のように、サンホワイトの方が適していると説明しました。

理由は、使用する際の「ベタつき」が関係しています。

 

わたしは以前、仕事柄、皮膚科の開業医の先生方と話をする機会が多くありました。

その中で、プロペトを化粧下地として利用する時に、ベタつきが気になるという患者さんが一定数いるとの話を伺うことがあったんです。

 

対する、サンホワイトですが、化粧下地としての利用は可能です。

なぜ「△」かというと、これには「サンホワイトp-1」と「サンホワイトシルキー」の2種類の製品がある為です。

サンホワイトp-1は少しベタつき感がある為、化粧下地としての利用にはあまり適していません。

 

ですが、姉妹品であるサンホワイトシルキーはベタつきが抑えられています

使用感を重視したり、化粧下地としても利用したい場合は、こちらがベターです!

④純度

プロペトとサンホワイトは、どちらも高品質のワセリンです。

両者とも、白色ワセリンを更に精製したもので、不純物の含有量が低い特徴があります。

 

ワセリン純度比較

上図は、ワセリンの純度を表したもので、右にいく程不純物の含有量が少ないことを示しています。

どちらも高純度ですが、プルぺトに比べて、サンホワイトは更に純度を高めることに成功した製品となっています。

プロペトとサンホワイトを使用してみて

    わたしはこれまで、黄色ワセリン、白色ワセリンなど、多くのワセリンを使用してきました。

    しかし、ほとんどの製品が肌に合わず途方に暮れました(笑)。

     

    そんな中、すがる思いで「プロペト」を利用したんです。

    結果は、高純度で低刺激なプロペトでさえも、わたしの肌に合ってはくれませんでした・・・。

     

    パパまじ
    もう何をやっても無駄かも・・・

     

    ですが、どうしても普通の肌を取り戻すことを諦めきれず・・・。

    ようやく出会えた製品が「サンホワイト」です。

    サンホワイトを使用してからは、劇的に肌が改善することはありませんでした

     

    しかし、今までのように肌に痒みを伴う機会が明らかに減ったんです

    その為、早く改善したいと焦る気持ちを抑えながらも使用を続けることに。

    今では、サンホワイトが肌を優しく保護してくれたおかげで、時間はかかりましたが普通の肌を取り戻すことができました

     

    プロペトは確かに、高品質・高純度のワセリンです。

    しかし、わたしのように刺激に敏感な肌では、受け付けないこともあるかと思います。

    その場合は、より高純度で低刺激のサンホワイトを是非試して頂きたいです。

     

     

    まとめ

    「プロペト」や「サンホワイト」は高品質・高純度のワセリンです。

    どちらも良いワセリンなんですが、

     

    1. 用途
    2. 価格
    3. ベタつき
    4. 純度
    5. プロペトとサンホワイトを使用してみて

     

    上記5つの点から比較すると違いも見えてきました。

    自身の状態や目的に応じて、上手に使い分けを行いながら健康的な肌を目指したいものですね!

    以上、【プロペトとサンホワイトの違いとは!?5つの点から比較検討してみた結果】についてのご紹介でした。

     

     

    スポンサーリンク
    おすすめの記事