身の丈に合った家(マイホーム)には「幸せ&夢」いっぱい!

マイホームを購入したいけど、住宅ローンが不安だと感じていませんか?

住宅ローンに対して、不安な気持ちを持つということは大切な感覚ですよね。

ですが、その不安な気持ちを軽減する方法もあるはずです。

 

それは、「身の丈に合った家」を選択すること。

なぜなら、身の丈に合った家を選択肢に入れるだけで、返済に無理のない範囲で住宅ローンの計画を立てることができるからです。

わたしも、住宅ローンを抱えることに不安を感じていました。

 

ですが、身の丈に合った家を選択できたことで心が穏やかになりましたよ!

この記事では、

 

  1. マイホーム購入への不安な気持ち
  2. ローコスト住宅という選択肢
  3. 我が家のローコスト住宅の総額は!?
  4. 身の丈に合った家は「幸せ&夢」がいっぱい

 

上記4点についてまとめました。

マイホームが欲しいのに、不安な気持ちで前に進めない方へ「身の丈に合った家」の魅力をお伝えできれば幸いです。

スポンサーリンク

マイホーム購入への不安な気持ち

景気の先行き不安や教育資金など、お金に関する悩みってつきませんよね。

そんな中「マイホームが欲しいけど、住宅ローンに対する不安な気持ちで前に進めない」という方もいるんじゃないでしょうか?

わたしもそうでした。

 

以前の年収は約250万円・・・。

妻の協力のおかげで、現在では年収は倍以上になりましたが、今後どうなるかは決して分かりません。

 

 

 

お金に対する不安な気持ちは、今でも消えることはないんですよね。

このようにお金に対する不安が消えない中、「マイホーム」を購入したいという気持ちを捨てきることができませんでした。

 

ですが、マイホームを購入することによる、多額の住宅ローンに対して思うことは・・・。

正直なところ、やっぱり不安ですよね。

 

ローコスト住宅という選択肢

不安な気持ちを少しでも解消する為に、始めたことは「展示場(モデルハウス)めぐり」でした。

ですが、どのモデルハウスを見ても不安な気持ちは一向に解消されないんです。

モデルハウスには客寄せの為に、内装や設備などにしっかりとお金がかけられていました。

 

このような家を見ても、理想ばかりが膨らみますよね(笑)。

営業の方から出される高額な見積りを見て、現実に引き戻されるような思いでした。

こちらの予算を伝えても、その価格帯では厳しいと取り合ってもらえないこともありましたね。

 

営業マン
年収から計算すれば、決して手が届かないことはありません、借入が可能ですよ。

 

確かに、営業の方が言うように、住宅ローンの借入可能額を限度額まで使用すれば、グレードの高い住宅を購入することができるかもしれません。

ですが、我が家にとっての幸せをあらためて考えた時に気付いたんです。

 

パパまじ
高額なマイホームは必要ない、「身の丈に合った家」で十分に幸せなはず・・・

 

その後は「身の丈に合った家」を建てるべく、工務店が主催する勉強会などへ積極的に参加して情報を集めました。

そこで出会えたのがWOOD BOX(ウッドボックス)です。

WOOD BOXは、ローコストながら高性能な住宅で、我が家にとって理想にピッタリの家でした。

 

一般的にローコスト住宅と言うと、性能が悪いと思われがちですよね。

ですが、中にはきちんとした性能を兼ね備えている住宅だってあるんです。

ローコスト住宅の中にも、あなたの理想を叶える素敵な選択肢があるかもしれませんよ。

 

 

我が家のローコスト住宅の総額は!?

WOOD BOX 吹き抜け

ここからは、我が家(WOOD BOX)の「住宅購入にかかった総額」についてみていきたいと思います。

※間取りは3LDKの2階建て、延床面積は23坪程のコンパクトなキューブ型の住宅です。

 

我が家の住宅の総額について
  • 本体価格 :約1012万
  • 諸経費  :約220万
  • オプション:約85万
  • 土地   :約885万
  • 外構工事費:約80万
  • その他(手数料など):約238万

合計:約2520万 ※消費税(込)

 

上記の通りです。

我が家の予算は、総額で2500万と決めていたんですが、最終的には20万円程予算をオーバーしてしまいました。

 

住宅ローンは、アルヒの「フラット35(9割)+フラットa(1割)」というプランを導入。

金利については、以下の通りです。

 

  • フラット35(9割)→固定金利:1.1%(※10年間は0.86%)
  • フラットa(1割)→変動金利:約3%

 

このような形で、マイホームを取得することになりました。

2020年9月現在「WOOD BOX」は、フラット35Sの金利Aプランに対応しています。

※今後、制度の変更があるかもしれませんので、ご注意ください。

 

その為、10年間は基準金利から-0.25%と金利が下がり、嬉しい限りですね。

よって、毎月の支払い額は約7万2千円程となっています。

 

身の丈に合った家は「幸せ&夢」がいっぱい

毎月のローンの支払いや、水光熱費、固定資産税や今後必要な修繕費など。

トータルでみて、賃貸だった頃よりも、安い金額でマイホームに住むことができています

※オール電化や太陽光発電を無料で導入できたことで、光熱費は毎月7千円程削減ができました。

 

もちろん、住宅ローンの借入に対して、不安な気持ちが全くない訳ではありません。

 

住宅ローンの借入に対する不安<身の丈に合った住宅の購入+出口戦略+繰上返済

 

ですが、上記のように最悪の場合の出口戦略などもしっかりと練ったことで、不安はかなり軽減することができました。

更に、身の丈に合った住宅を選んだことで、

 

  • 支払いに追われないので、家計を切り詰めなくても良い
  • 余剰資金で投資や資産運用が行える
  • 貯蓄ができる
  • 子どもがチャレンジしたいことを応援できる(※習いごとなど)
  • 外食や旅行なども楽しめる
  • 余剰資金で妻の負担を軽減できる様々な「時短家電」を導入できた
  • 結果:夫婦仲が良くなった

 

上記のように、家族にとって嬉しいことがたくさんあったんですよね。

確かに、我が家のマイホームは誰もがうらやむような、立派な住宅ではないかもしれません。

ですが、家を建てる目的について考えた時に気付いたんです。

 

パパまじ
家は他人の為ではなく、大切な家族が幸せになる為に建てるもの。

 

まとめ

今回は、

 

  1. マイホーム購入への不安な気持ち
  2. ローコスト住宅という選択肢
  3. 我が家のローコスト住宅の総額は!?
  4. 身の丈に合った家は「幸せ&夢」がいっぱい

 

上記4点についてまとめました。

始めは、ローコスト住宅を購入して本当に大丈夫だろうか・・・。

正直なところ、不安に感じたこともありました(笑)。

 

きちんと工事されているか、仕事終わりに毎日施工現場の写真を撮ったのもいい思い出です。

実際に住んでみて住み心地も良いですし、妻や子ども達が伸び伸び生活できているので「WOOD BOX」を購入して本当に良かったと思っています。

 

我が家にとって、「身の丈に合った家」には「幸せ&夢」がいっぱい詰まっていましたよ!

以上、「身の丈に合った家(マイホーム)には「幸せいっぱい・夢いっぱい」についてのご紹介でした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事